東京摩天楼 | タワーマンション探訪ブログ

子育て世帯のタワーマンション探訪記

タワーマンションに住むならチェックしておきたい免震、制震、耐震構造の違い。

タワーマンションに住むとなるとやはり耐震構造がどうなのか?は非常に気になる所です。

重要な結論だけ先に言ってしまうと、一概に言い切る事はできませんが基本的に免震構造、制震構造、耐震構造の順に地震には強いです。

実際にモデルルーム見学に行くと免震構造で有ることをアピールされる事もあります。

しかし、いくつかモデルルームをまわった感じでは、最近のタワーマンションはほぼ免震構造のようですね。

やはり2011年の東日本大震災の影響が大きいのでしょう。

以前は免震構造は本当に効果があるのか?といった議論もあったようですが、実際の大震災を経て良くも悪くも実績が出たということでしょうか。

営業さんに聞いた話によると、やはり耐震の方はかなり揺れたようです。

大震災の時に耐震のタワマンに住んでいた人は、かなりの揺れに慌てて、ほとんどの人がマンションから出てきたそうです。

さらにマンションの傷みも激しく、修繕積立金も大幅な値上げを余儀なくされてしまったそうな。

一方で免震構造のマンションの方はほとんど揺れる事もなく、落ち着いた感じで普段通りといった樣子だったそうで、修繕費もほとんど発生しなかったそうです。

中古も検討するとなると、中には耐震のマンションもあるので、やはりその差はしっかりと抑えておきたいところです。

そこで今回は免震、制振、耐震構造のメリットやデメリット、それぞれの違いはどこにあるのか?をまとめてみよう思います。

免震、制振、耐震の違い

名前からなんとなくわかるかも知れませんが、3つの違いは地震に対するアプローチの違いにあると言えます。

  • 免震構造 … 地震による揺れ自体を逃がす
  • 制震構造 … 地震による揺れをなるべく吸収する
  • 耐震構造 … 地震による揺れに耐える

1つ1つ見てみましょう。

免震構造は揺れを逃がす

逃がすと聞いてもどうやって?と思いますよね。

言葉では伝わらないと思うので、動画を探してみました。


地下免震ピット公開『免震構造の解説』 越野建設株式会社

このように、地面と建物の間に免震装置を入れて、地盤の揺れ自体が建物に伝わらない様にしているわけですね。

まあ、理屈はわかりますが、実際に建てるなんて良く実行したよなぁと思います。

免震装置自体は大きくアイソレータダンパーで出来ています。

アイソレータ

動画にもあるとおり、建物と地面の間に挟まり揺れを吸収する部分です。

積層ゴムすべり支障といった種類があります。

積層ゴムは薄いゴム層と鋼板を交互に重ねることで垂直方向には堅く、水平方向に柔らかく揺れを吸収するようにしたものです。

http://www.toyo-ci.co.jp/images/product/isolation/construction01_ph01.jpg

画像引用: TOYO TIRES

すべり支障は、下に鋼板、上にテフロン加工樹脂などの滑りやすい板(滑り板)を重ねる事で、わざと滑りやすくして揺れを吸収するようにしたものです。

http://www.bridgestone.co.jp/products/dp/antiseismic_rubber/product/images/img_product_36.gif

画像引用: ブリジストン

ダンパー

ダンパーはアイソレータで吸収した揺れを止める働きをするパーツです。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000180099.jpg

画像引用: 新宿区役所

オイルの粘性を利用したオイルダンパー、金属の粘性を利用した鋼ダンパー鉛ダンパーなどがあります。

この様な仕組みで非常に揺れに強い免震構造ですが、横揺れには非常に強いのに対して、縦揺れにはそこまで強くないといった特徴があります。

構造を考えれば、とうぜん納得はいきますね。

また特に中低層の建物に効果が高いと言われていて、タワーマンションの様な超高層建物の場合は効果が少し落ちると言われています。

それでも、揺れを小さくするという面においてはかなりの効果が期待できる造りと言えます。

制震構造は揺れを吸収する


制震ダンパー『ミューダム』振動台実験

制震構造は免震構造でも出てきたダンパーを使って、揺れを吸収しなるべく揺れないようにする造りです。

免震構造の様に地面と建物の間にダンパーを使うのではなく、鉄筋コンクリート造の重量のある建物の場合は各階に、鉄骨造の軽い建物の場合は最上階にダンパーを取り付けることで、地震時の建物の揺れを減らします。

また制震構造は地震だけでなく風揺れにも効果がある構造です。

耐震構造

名前の通り地震に耐えるという考えの造りです。

要は柱や梁を太くしたり、強度の高い素材を使ってりして強度自体を上げて地震に耐えられる造りにした建物の事ですね。

現在建っているマンションのほとんどはこの耐震構造ですね。

それぞれの特徴の比較

それではそれぞれの特徴を比較してみましょう。

誰しも「そりゃ安全なら免震の方が良いよね」と思うのは当たり前ですが、恐らくご想像の通り免震構造の方がコストは高い(すなわちマンションの価格は高くなる)ので、当然どの方法もメリット・デメリットがあります。

免震 制震 耐震
地震時の揺れ かなり小さめ 小さい 大きい
マンションの傷み具合 ほとんどない 小さい 大きい
建築コスト 割高 比較的安価 安価

免震であれば揺れも少ないので、家具の転倒などの事故も防ぐ事ができる可能性は高いです。

安心を買うなら、はやり免震か制震の建物を選ぶ方が良いですね。

まとめ

今まで耐震構造の違いなどは気にした事はありませんでしたが、高層マンションに住むなら抑えるべき大事な点の1つと言えます。

このような地震対策の手段に関しては日本は最先端を行ってるのではないでしょうか?

良くも悪くも地震大国であることが、技術の底上げを助長してるという事ですね。

しかし実際は東日本大震災前、2010年ごろまでに建ったタワーマンションを見ていると耐震が多いようです。

ちょうど豊洲や武蔵小杉での再開発が活発だったころ?と被っていそうなので、こういったエリアの中古タワーマンションを検討する場合は特にチェックしておいた方が良さそうですね。