東京摩天楼 | タワーマンション探訪ブログ

子育て世帯のタワーマンション探訪記

不動産一括査定サイトの仕組みと、利用する際のメリット、デメリット、疑問点、注意点

突然ですが、義父から持ち家(埼玉の一軒家、今は住んでない)を売りたいんだけど、どうすれば良い?と相談を受けました。

色々あって、住んでない家が2つほどあるらしいんですよね。

最近、自分がマンションを買うために色々調べている事を知っているので、なんとなく詳しそうだと思って聞いてきたんだと思います。

別に自分はプロでもなんでもないんですが...、無碍にするわけにもいかないわけです。

まあ、どっちにしろ勉強したかったところでもあるので、まずは何から調べようかなと考えてみました。

不動産売却を考える時にまず気になるのは、やっぱりどのくらいで売れるのか?といった相場感や、どこにお願いすれば高く、トラブルなく売れるのか?という点だと思います。

これらの悩みを解消するためには、複数の不動産会社で査定を受けて、その差を見るのが良いですよね。

いわゆる相見積もりです。

とはいえ、1社1社お願いしてまわるのは骨が折れます。

そこで利用できるのが不動産の一括査定サイトです。

ということで、良い機会なので不動産一括査定サイトについて調べてみました。

不動産一括査定サイトとは?

一言で言えば引っ越しの一括見積もりサービスと同じようなものです。

利用したことがある人はわかると思いますが、1サイトで登録するだけで複数の会社の相見積もりをまとめて行えるので、金額の比較が簡単にできます。

反面、色々な会社から連絡が来てしまうのが面倒なところ(デメリット)です。

同じように不動産一括査定サイトは1サイトに登録するだけで、複数の会社に査定依頼をまとめて行えるサービスということになります。

もちろん不動産会社が査定額を高めにだしたからといって、必ずしも高く売れるわけではないですが、複数社の査定を受ける事によって、相場より極端に低い額で売られてしまうというリスクは避けられるでしょう。

引っ越し程度の金額なら、業者による価格差も数千円以内だったりと、金額より手間を取っても良いとは思いますが、不動産の売却ともなると、流石にそんなことはないはずです。

少しの手間は感じても、しっかり比較して選ぶために、一括査定サイトを利用するのは大いにメリットがある方法だと思います。

不動産一括査定サイトの仕組み

不動産一括査定サイトは一言でいえば、私たち家を売りたい側と、複数の不動産会社の仲立ちをしてくれるサービスです。

図にすると下みたいな感じですね。

f:id:yusan09:20171018230818p:plain

複数の会社に査定をお願いするとなると、左の図の様に各不動産会社に1つずつ連絡をする必要があります。

しかし、不動産一括査定サイトであれば、右の図の様に1サイトに売りたい物件の情報を送るだけで、複数の不動産会社から査定額がもらえます。

不動産一括査定サイトは、同じく右の図の様に、私たち家を売りたい人をWeb上で集め、不動産会社会社に紹介することで利益を得ています。

そのおかげで、私たち家を売りたい人は、不動産一括査定サイトを無料で利用できます。

また、この様な仕組みになっているため、不動産一括査定サイトはWeb上での集客が得意なIT系企業が運営している事がほとんどです。

一方で、不動産会社側から見れば、不動産一括査定サイトはプロモーションや広告掲載先の一つといったところでしょうか?

これらの費用は不動産一括査定サイトを利用する人も、しない人も関係なく、広告費として売り上げから払われているはずです。

つまりは私たちが不動産一括査定サイトを利用しようが、しまいが、一部は費用として負担しているようなものですね。

まあ、それを理由に利用する必要はないと思いますが、どうせなら利用して損はないとも考えられます。

不動産一括査定サイト大手と選び方

調べてみると一括査定サイトを比較して、おすすめを紹介してる所もありますが、個人的にはどこを選んでも大きな差はないし、選び方も適当に目についたところで良いと思います。

なぜなら、結局やりとりするのは不動産会社自体ですし、不動産一括査定サイトはたくさんあるので、探し出すとキリがないからです。

どうせ時間をかけるなら、自分の大事な家を誰に売ってもらうか、すなわち不動産会社選びにこだわるべきですね。

まあ、強いていうなら、一度にまとめて査定をお願いできる会社の数が違ったりするので、そこは気にした方が良いくらいでしょうか。

なるべくたくさん比較したい場合は対応会社数の多いサービス、あまりにたくさん連絡が来ても面倒なだけだなと思う人は、対応会社数の少ないサービスを利用すれば良いと思います。

考えるのが面倒ならとりあえずは、大手とか、老舗サイトを利用しておけば問題ないと思いますので、良さそうな会社を紹介しておきます。

HOME4U

f:id:yusan09:20171008194335p:plain

国内で最初に不動産の一括査定を始めた、運営歴16年の不動産一括査定サイトです。

運営元もNTTデータと、国内でも最大手の1つですね。

  • 運営会社: NTTデータ
  • 対応不動産会社数: 550社
  • 同時査定数: 6社
  • 主な不動産会社: 東急リバブル、野村の仲介、大京穴吹不動産、東京建物不動産販売、阪急不動産など

HOME4U 公式サイト

すまいValue

f:id:yusan09:20171008224108p:plain

対応会社は6社だけですが、他の一括査定サイトでは見かけない、住友不動産販売、三井のリハウスといった業界最大手の不動産会社へ査定依頼が出来ます。

それもそのはず、運営会社を調べると、対応会社6社がそもそも共同で運営しているサービスのようです。

各不動産会社は、売りたい人を紹介してもらう度に、一括査定サイトに対価として報酬を支払っていると思うので、自分たちでやってしまえば中抜き分を浮かせる事ができるってことでしょうね。

  • 運営会社: 小田急不動産、住友不動産販売、東急日バブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地書ハウスネット
  • 対応不動産会社数: 6社
  • 同時査定数: 6社
  • 主な不動産会社: 小田急不動産、住友不動産、三井のリハウス、東急リバブル、三菱地所ハウスネット、野村の仲介

すまいValue 公式サイト

不動産一括査定サイトのメリット

一言でまとめると、手間を省き、正当な値段で売る事ができるのが、不動産一括査定を利用する大きなメリットです。

不動産仲介会社を探す手間がはぶける

1つ目がこれですね。

一括査定サイトを利用すれば、各地域ごとに対応した会社に自動で連絡してくれるので、自分で一から不動産会社を調べる必要がありません。

ネットで自分の家の近くの不動産会社を調べたり(まあ私は調べ物するのが好きなのでさほど苦ではないですが)、普通に近所の不動産会社に足を運んでも良いと思いますが、まあどう考えても手間です。

めんどくさがりには最高のサービスです。

候補をまずは見つけるという意味で試すにはとても便利なわけです。

不当に安い値段で売ってしまうリスクを減らせる

まずは自分の家がどのくらいで売れるのか?安く売りすぎて損をしてしまわないか?という点が、私たちが何より知りたい情報ですよね。

しかし、相場より安い値段で売りに出せば、早期に売れる可能性も高くなるので、少し仲介手数料が減っても、安い値段で早めに売ってしまおうと思う不動産会社があっても不思議ではありません。

もちろん、私の場合も義父に損はして欲しくないですが、素人なので査定額を見たところで「これは相場より安い!」なんて勘所も働くはずもないです。

この様な事態を避けるために、例えば周りの似たような売り家の値段を調べてみるという方法があるとは思います。

しかし、実際に調べてみても都合よく似たような売り家があるとも限りません。

そうなると、いつくかの会社に査定を依頼して、その平均額を見るくらいしか方法がないわけです。

私ならせめて、5社くらいには査定額を聞いてみたいなと感じます。

みなさんはどうですか?手間だから1社、2社に査定してもらえば十分だと思いますか?

ちょっと手間でも「だいたいこの位の値段なんだな...」と納得できる位には、調べたいのが普通だと思います。

不動産一括査定サイトを利用すれば、この手間を省いて複数の会社から見積もりをもらうことが出来ます。

査定額を見比べれば相場観もわかりますし、不当に安い値段で売る羽目になるリスクも減らせるわけですね。

自分に合う不動産会社に目星がつけられる

もちろんどの会社にお願いするか?を選ぶ上で、査定額が一つの基準になるわけですが、やはり営業さんとの相性も大事です。

一括査定はあくまで入り口なので、最終的にはそれぞれ不動産会社の営業の方とやり取りをする事となります。

査定をお願いする過程でも、ある程度は自分に合う営業さんかどうか、信頼できる不動産会社かどうかの判断材料があるはずです。

実際に自分のマンション購入のために、今まで10人以上の不動産会社の方とお会いしましたが、私の場合は前のめりに急かすタイプの営業さんには良い印象がないですね。

例えば、すぐにローン審査どうですか?もうやりました?と言ってくる方とか、後はやたらと電話してくる人はダメですね。

不動産会社の営業さんは電話したがりな方が多い印象がありますが、なんでですかね?

反対に好感度が高いのは、まずメールで情報をくれる営業さんで、要件をキュッとまとめつつ、周辺の似たような物件をザッと送って来てくれるタイプです。

この様に最初の連絡の仕方だけでも、この営業さんとは合う、合わないってのがあるはずです。

仮に私が家を売る時もやっぱり同じだと思うんですよね、査定の過程で「この人にお願いしたいなー」みたいなのが出てくるはずです。

やはり、お願いするなら信頼出来る人が良いですよね。

相性の良い人(会社)を見つけるためにも、不動産一括査定サイトは便利なわけです。

不動産一括査定サイトのデメリット

営業電話がたくさんくる

唯一のデメリットはこれですね。

登録をすれば、まずは営業さんが査定に関して連絡をくれるわけですが、不動産会社にとって不動産一括査定サイトは集客場所の一つです。

不動産会社は不動産の売却仲介手数料で儲けているため、とうぜん自分の会社を選んでもらって、家を売るところまで行かないと報酬が発生しません。

もちろん、査定をしてもらった先には「ということで、ウチに売るのを任せてくれませんか?」と、思っているわけです。

なので、一括査定をすると当然どの会社からも連絡が来ます。

まあ、査定をお願いしているので当然といえば当然ですが、中にはしつこく連絡してきたりする場合も考えられます。

きっぱり断れるタイプの人は問題ないと思いますが、押しに弱い人や電話があまり好きじゃない人にとっては苦痛かもしれませんね。

営業している方はすぐ電話をする人が多いイメージがありますが、不動産会社の人は特にその傾向があるとは感じます。

とはいえ別に電話が嫌じゃない人もいるでしょうし、苦手なら苦手でやりやすい人を選べば良いんじゃないでしょうか。

そのための一括見積もりであるとも言えますしね。

(とはいえ、苦手なんて言ってたら、高く売れるものも売れないと思うので、ちょっとくらいは頑張るべきだとは思いますが)

不動産一括査定サイトの疑問点や注意点

一括査定に必要な情報は?

査定をお願いする際に当然ながらいくつかの情報が必要となります。

おおよそ共通して必要となる情報をまとめておくので、事前に確認しておきましょう。

  • 物件の種類 (マンション(1部屋)、マンション 1棟、一戸建て、土地、ビル 1棟、アパート 1棟 など)
  • 物件の住所
  • 延べ床面積
  • 土地の面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 居住状況 (居住中、貸出中、空き)
  • 物件の所有者(本人、親族、共有名義 など)
  • 査定方法 (簡易査定、訪問査定)
  • 個人情報 (氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、居住地の住所)
  • 査定をお願いしたい不動産会社(複数選択)

この他にも、売却希望時期や査定の理由について聞かれる事もあります。

これらの情報をサイトから入力すれば査定依頼の完了です。お手軽ですね。

査定方法の違いに注意(簡易査定と訪問査定)

査定に必要な情報にも出ましたが、査定方法は簡易査定訪問査定の二通りから選ぶ事ができます。

査定方法 内容
簡易査定 名前の通り広さや住所、築年数などのデータだけを元に、おおよその金額を出してもらう方法
訪問査定 実際に物件まで足を運んでもらい、より精査された金額を出してもらう方法
  • おおよその査定額を知ってから売りたい人は簡易査定
  • もう売る決意を固めている人は訪問査定

このように考えて自分にあった方を選びましょう。

査定してもらうためには、家を見てもらう必要がある?

上でも説明した通り、必ずしも必要ではないです。

ただし、とうぜん精度は落ちますので、結局は実際に売るとなれば訪問査定を受ける事になります。

本気で売るつもりなら結局やることになると思っておきましょう。

査定は匿名で行える?

基本的には行えません

不動産会社も商売ですので、本当に持ち主かどうかもわからない、身元不明の人からの依頼は基本的に受けたくないはずです。

ただし、HOME'Sでは匿名の査定を行なっています。

f:id:yusan09:20171019193751p:plain

サイトはこちら

とはいえこちらも簡易査定なので、売る意思が固いなら、単に二度手間になってしまうだけとも言えます。

査定は無料?

無料です。

不動産一括査定サービスの仕組みで説明した通り、一括査定サイトは不動産会社から紹介料をもらっています。

不動産会社自体も私たちの物件が売れた際に手数料を払う事になるので、査定に関しては基本的に無料で行なってくれます。

まとめ

基本的には不動産を売りたいなと思ったら、不動産一括査定サイトを利用するのが良さそうですね。

自分でやってみても良かったのですが、義父もどこまで本気なのかわからないので、とりあえずは「こんなサイトあるよ〜」と伝えて起きました。

結局は近所の不動産屋とか言っちゃいそうですけどね。

まあ、義父母もスマホですし、まったくネットが使えないということはないので、普通に活用してくれるかもしれませんが。