東京摩天楼 | タワーマンション探訪ブログ

子育て世帯のタワーマンション探訪記

リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィータワーの中古内見に行ってきました。

前回のザ・コスギタワーと合わせて、リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシータワーの内見もさせてもらいました。

リエトコートはツインタワーで、ザ・クラッシータワーともう1棟、イーストタワーがあります。

なんで片方がイーストタワーなのに、ウェストタワーじゃないんですかね...。

築年はリエトコート、ザ・コスギタワーともに2008年で、まとまって建っていますが、調べて見たところ分譲時の会社は異なっていました。

リエトコートが三井不動産、住友商事。ザ・コスギタワーが東京建物、伊藤忠都市開発、ジョイント・コーポレーションといった具合です。

会社が違うとはいえ、実際に周辺を歩いてみると、ほぼ同じ敷地内といった感じですし、協力して一帯の開発を行った感じだったのではないでしょうか?

この辺りは元は不二サッシの工場跡地だったようで、まとまった土地が空いたのが大きかったのでしょう。

リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィータワーのロケーションとアクセス

最寄り駅はJR横須賀線の武蔵小杉駅です。イーストタワーに比べ、ザックラッシータワーの方が少し離れていますね。

その分、東急東横線、南武線の武蔵小杉駅には少し近い感じでしょうか。

どの駅も徒歩10分圏内だとは思います。

f:id:yusan09:20180319001217j:plain

3路線あるおかげもあって、目黒方面、品川方面、横浜方面といった大きな駅までのアクセスがしやすい点は、確実に武蔵小杉の魅力の1つですね。

リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィータワーの外観

f:id:yusan09:20180319002307j:plain

北側から撮影した写真です。

ちょっと写真が暗くて色味がわかりにくいですが、ベージュっぽいあまり目立たない色味でした。

あんまり三井って感じがしませんね。

階数が高いのもあって、かなり細長いシルエットになっています。

f:id:yusan09:20180322002530j:plain

f:id:yusan09:20180322003150j:plain

正面玄関です。車寄せがありますね。

ドアのガラスが大きめなので、エントランスは明るそうです。

内見した部屋の様子

今回見せてもらったのは2SLDK 73.72㎡ 6階 東向き 5,790万円の部屋でした。

坪単価260万円ほどでしょうか。

低層階とはいえ、武蔵小杉のこのロケーションでこの値段はちょっと弱気な気がしますね。

  • 玄関からの廊下の他に、リビングと各部屋をつなぐ別の廊下がある変わった間取りの部屋だった
  • ガスコンロ。
  • 各部屋の窓はちょっと小さめ
  • 納戸がかなり広い、ウォークインクローゼットもあるし収納は十分。
  • 納戸は壁と床の間に少し隙間があった。
  • 各部屋も5畳、7畳と比較的広め

ワイドスパンで各部屋がバルコニーに面しているんですが、今まで見たことがない間取りでした。

各部屋は玄関から一度リビングを通る必要がある造りになっていて、リビングから短い廊下を通じて各部屋につながっています。

リエトコートには同じような間取りの部屋が結構あるそうです。

「外に出るためには必ずリビングを通る必要がある」という点は家族のコミュニケーションを促すみたいな狙いがあるんでしょうか?

間取りの効率の良さだけで言うと、まあハッキリ行って無駄な気はしました。

部屋からの眺望

低層なのもありますが、それ以上に東側はどうしても他のタワーマンションが干渉してしまうので、眺望はあまり開けていませんでした。

f:id:yusan09:20180322010255j:plain

右手(南)側を見るとザ・コスギタワーが見えます。

f:id:yusan09:20180322010323j:plain

正面(東)にはリエトコート武蔵小杉イーストタワーが。

f:id:yusan09:20180322010426j:plain

こんな感じで目の前が広場になっていて、距離があるので圧迫感はありません。

とはいえ日の光ががっつり遮られてるのも確かです。

まあ、タワーマンションの特に高層階は日が当たりすぎて暑いとも聞くので、むしろ明るささえ確保されるなら、下手に日が入ってこない方がありがたいのかもしれませんが。

f:id:yusan09:20180322010648j:plain

左手(北)側は比較的開けてますね。

左端真ん中にグランツリーが見切れています。

マンションからの距離感がわかるかと思います。

リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィータワーの内部と共用施設

内部の様子を紹介して行きたいと思います。

ザ・コスギタワーに続き、共用施設は比較的少ない感じです。

ファミリー層向けだとこの辺りは抑えめになりがちなんでしょうか。

  • 内廊下
  • エレベーター狭め
  • 築年数の割に綺麗
  • 低層階の廊下はかなり余裕がある作り

良くも悪くもスタンダードな感じでしたね。

共用施設は以下の様な感じです。

  • 24階 ゲストルーム
  • 22階 ビューラウンジ
  • 1階 パーティールーム、デッキテラス、ライブラリー、ベンダーコーナー、ラウンジ
  • 地下1階 シアタールーム、グルーミングルーム、トランクルーム

見せてはもらえませんでしたが地下1階にも共用施設があるのは珍しいですね。

シアタールームは音がでるので、地下にあるのも納得は行きます。

営業さんに聞くのを忘れていましたが、恐らくイーストタワーの共用施設も利用可能だと思います。

f:id:yusan09:20180322013522j:plain

f:id:yusan09:20180322013525j:plain

f:id:yusan09:20180322013538j:plain

22階のビューラウンジです。結構広いですね。

キッチンがあったので、もしかしたらパーティールームとしても利用できるのかもしれません。

f:id:yusan09:20180322013644j:plain

ビューラウンジからの眺望です。

北側の部屋なので、グランツリーの屋上がよく見えます。

武蔵小杉は40階超えのタワーマンションが多いので、22階くらいだとあまり周りが見渡せないですね。

恐らくこのマンションが出来た当時はまだ北側にタワーマンションもなく、開けた眺望になっていたのだと思います。

f:id:yusan09:20180322013917j:plain

1階 デッキテラスです。

春とか秋の晴れた日に、読書なんかするのにちょうど良さそう。

f:id:yusan09:20180322014159j:plain

1F ライブラリー&ラウンジですかね?

スタディールームのように、隔離された空間ではありませんが、デスクがいくつも並んでます。

ちょうど円卓では子どもが父親と一緒に勉強をしてました。

自分は昔から勉強はリビングでやる派で、すごく静かな場所より少し雑音があるくらいの場所で勉強するのが好きだったので、このくらい開けた所にこういうスペースがあるのはかなり好みですね。

個人的な感想

下手に派手な共用施設もなく、駅からもほどよく離れて騒がしくない、非常に堅実な感じのタワーマンションだと思います。

広さも70㎡以上の部屋がほとんどだそうなので、完全に子どもがいる世帯向けのマンションですね。

武蔵小杉に関していえば、エリアそのものがファミリー層向けという気もしますが、このエリアのタワーマンションでファミリー層が住みやすさを求めて選ぶなら良いマンションじゃないでしょうか。

周辺相場に比べても少し安めですし、共用施設も少なめなので管理費も14,400円だったので、広さの割には安い印象です。

派手さはいらないけど、利便性にはこだわった上で、やっぱりタワーマンションには住みたいといった人にマッチしそうかなと思いました。