東京摩天楼 | タワーマンション探訪ブログ

子育て世帯のタワーマンション探訪記

ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンスの内見に行きました。

今回はザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンスを見に行って来ました。

すぐ横のティアロレジデンスとのツインタワーで、三菱地所レジデンスのタワーマンションです。

前々から気になっていたマンションの一つでやっと見に行ってきました。

湾岸エリアの中では築浅なので、気になっている人もいるんじゃないでしょうか?

※ 晴海のタワーマンションに興味がある方は是非こちらも御覧ください。

www.sky-scraper.tokyo

ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンスのロケーションとアクセス

f:id:yusan09:20180430214756j:plain

晴海のかなり豊洲に近いあたり、中央区の端に位置しています。

最寄り駅と言えるほどの駅がなく、強いていうなら勝どき駅が一番近いと思いますが、それでも徒歩15分〜20分といった距離でしょうか?

豊洲駅、月島駅もおおよそ同じくらいの距離感にはあります。

行くなら勝どき駅からが近いでしょう。

見ての通り、交通の便の悪さはデメリットと言えます。

しかし、将来は目の前にBRT(バス・ラピッド・トランジット)の停留所が出来る予定で、勝どきを抜け新橋、虎ノ門方面へのアクセスは劇的的に改善されると思われます。

ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンスの外観

f:id:yusan09:20180430220927j:plain

北西側から撮影したところです。

勝どき側から行くとこんな風に見えますね。

f:id:yusan09:20180430222800j:plain

反対の南側(運河側から撮影したところです。)

白を基調とした綺麗なマンションですね。

twitterで誰かが晴海の白鷺城なんて呼び方をしていたような。

ダイレクトウィンドウになっている角部屋と、ベランダが付いている角部屋があるように見えます。

f:id:yusan09:20180430223145j:plain

正面エントランス付近です。

公開空地部分が広いので、かなり余裕があります。

f:id:yusan09:20180430224155j:plain

少し離れて新豊洲のぐるり公園から撮影した写真です。

左からクロノレジデンス、ティアロレジデンス、かなり完成に近づいてきたパークタワー晴海です。

クロノの方が少し青みがかっていますね。

後、屋上が特徴的な形をしています。

内見させてもらった部屋の様子

今回見せてもらったのは3LDK 76.30㎡ 7階 6,980万円の北向き角部屋。

坪単価でいうと302万円なので、低層階とはいえティアロ、クロノの中ではかなり安い方かな?と思います。

予算感からするとちょっとオーバー気味だったのですが、一度ダイレクトウィンドウの部屋を見たかったのと、割りとチェックはしているのですが、この坪単価はあまり見た事がなかったので、見に行ってみた感じです。

f:id:yusan09:20180430225210j:plain

角部屋なのでアルコープに余裕があるのが良いですね。

トランクルームがあるのも、何かと物が増えがちな子育て世帯にとってはありがたいです。

3室とも狭くも、広くもないちょうど良いくらいの広さで、形も正方形に近いので使いやすそう。

さらに全部屋バルコニーに面してます。

キッチンが対面じゃないのはちょっと残念でしたが、この配置なら仕切りさえ用意すれば、小さな子どもがいても入ってくる事がないので安心です。

何度もありますし、一番大きい部屋は広めのウォークインクローゼットも付いてます。

間取りだけみてもかなり使いやすそうだなと感じるんじゃないでしょうか?

f:id:yusan09:20180430225907j:plain

入り口すぐの所。白基調で築年も浅いので非常に綺麗で清潔感があります。

f:id:yusan09:20180430230049j:plain

一番広い部屋。ウッドデッキのベランダが見えますね。

北側低層ですが、公開敷地が広い事もあってか、特に暗くはありませんでした。

f:id:yusan09:20180430230233j:plain

キッチン。残念ながらIHでした。最近の新しいタワーは大体そうですね。

f:id:yusan09:20180430230503j:plain

f:id:yusan09:20180430230514j:plain

洗面台と浴室。

洗面台はオプションかな?

少し浴槽が小さい気がしますね。サイズ確認し忘れてました。

f:id:yusan09:20180430230712j:plain

リビング部分。目の前正面はティアロとお見合い状態。

とはいえ、かなり開放感があって良い!

正直今までダイレクトウィンドウを毛嫌いしてたんですけど、損してた気がしました。

公開空地のおかげでかなり建物間の距離が取れてるのが大きいと思います。

f:id:yusan09:20180430231035j:plain

左手、北側の景色です。

目の前の空き地がBRTの停留場が出来る予定の場所です。

どのような建物になるかはわからないので、将来この眺望は塞がる可能性があります。

とはいえ、利便性は飛躍的に上がるので、トータルするとプラスに働くんじゃないでしょうか。

f:id:yusan09:20180430231257j:plain

右手、東側の眺望です。

運河ビュー越しの豊洲一帯が見えます。

この眺望がね。想像以上に良かった。

これは完全にダイレクトウィンドウにして正解だったんじゃないかな?と思わされました。

天気が快晴だったので尚更です。

南向きの部屋とかもっと良い風景なんだろうなぁ。

こんな部屋だったら、毎日お酒飲みたくなるだろうなぁ。気持ちいいだろうなぁ。

変に高層階過ぎないおかげか、こう日常感の中にありながらも、贅沢感を感じられる部屋といった印象を受けました。

逆に上の方の階だったらそんな風に感じなかったかも。

ずっとアーバンドッグの西側の部屋も出ないかなと思って、結構チェックしてるんですが、全然出てこないんですよね。

この運河ビューをみちゃうと売りたく無くなるのもわかる気がします。

内部と共用施設の様子

外観とは違い内部は内廊下になっていて比較的シックな感じでした。

廊下幅も広かったし、全体的にわりと余裕を持たせた作りになっている印象です。

f:id:yusan09:20180430233913j:plain

エントランス部分、吹き抜けになっていて気持ちいいですね。

メインの入り口は2階になります。

f:id:yusan09:20180430234512j:plain

2階にあがるとカフェっぽいスペースが用意されていて(写真撮るの忘れてた)、その横に庭っぽいスペースがありました。

見ての通りメチャクチャ良い眺望です。

共用施設は30階にビューラウンジがある他は、全て2階に集中しているとの事でした。

この手のツインタワーだと両方の共用施設が利用できる場合が多いですが、クロノとティアロに関してはお互いの共用施設を使う事は出来ないそうです。

共用施設は両棟でそんなに変わらないと営業さんがおっしゃってました。

2F

カフェラウンジ、プライベートルーフテラス、フィットネス、ゴルフレンジ、キッズルーム、キッチン&パーティースタジオ x 2、スタディルーム、ミニスタジオ

30F

クロノラウンジ(ビュー&バーラウンジ)、ゲストルーム x 3

全体的に派手さはないけど、便利どころがギュッと詰まっている感じでしょうか。

まずは2階から見ていきましょう。

f:id:yusan09:20180501205050j:plain

ミニショップです。周りには全然店がないので、逆にこれがないと辛い気はします。

ちょっとしたものならここで買えば良さそうですね。

f:id:yusan09:20180501205329j:plain

クリーニングルーム。いっぱいになっている時はコンシェルジュに預ければクリーニングに出せるそうです。

f:id:yusan09:20180501205843j:plain

f:id:yusan09:20180501205855j:plain

スタディールームです。8ブースくらいあったかな?

こじんまりとした感じでした。

f:id:yusan09:20180501210409j:plain

フィットネス。10数畳くらいでしょうか、大きくはないですね。

奥にゴルフレンジがありました。

f:id:yusan09:20180501210559j:plain

キッズルームです。

真ん中のオブジェは船でしょうか?色合いといいボーネルンド感が漂ってます。

f:id:yusan09:20180501210803j:plain

キッチンスタジオです。

中には入れませんでしたが、そこそこ広い感じです。

2部屋ありますが、1部屋は利用中でした。

キッチンスタジオ、パーティールームの類は結構どこも利用されている感じがしますね。

f:id:yusan09:20180501211539j:plain

f:id:yusan09:20180501211548j:plain

30階のクロノラウンジです。

夜は人がいてお酒が飲める感じでしょうか?

マンションを見に行くのは朝から昼なんで、だいたいスカイラウンジは人がいない事が多いんですが、夜はもうちょっとどこも賑やかなんですかね。

f:id:yusan09:20180501212734j:plain

部屋の一部が個室ブースっぽい仕切のある空間になっていました。

この様なスペースがあるラウンジは珍しいですね。

f:id:yusan09:20180501212350j:plain

f:id:yusan09:20180501212354j:plain

眺望は北東から西の方が眺められる感じですね。

都心の夜景も割りと楽しめるんじゃないでしょうか?

晴海埠頭の方も良く見えますね。

個人的な感想

確実にDINKS向けではないと思います。実際、ほとんどの部屋が60㎡以上だと営業さんも言っていました。

交通の便の悪さはありますが、晴海の今後の発展性と運河を眺められる眺望はそれを補って余りあるのではないでしょうか。

都心において、やはりこういったロケーションの希少性は非常に高いと思います。

結局は住む家を決める上で、何を優先するのか?といった所だと思いますが、特に湾岸エリアで住む家を探しているなら、あの周りの雰囲気は一度見ておく事をオススメします。

今までダイレクトウィンドウを敬遠していたんですけど、ここに関しては圧倒的に正解だったと思いますね。

ダイレクトウィンドウの良さを感じられたという意味でも、見に行ったかいのあるマンションだったと言えそうです。

こちらの記事も御覧ください

晴海のタワーマンションに興味がある方は是非こちらも御覧ください。

www.sky-scraper.tokyo

家の購入を検討し始めたばかりの人は是非こちらもご覧ください。

www.sky-scraper.tokyo