東京摩天楼 | タワーマンション探訪ブログ

子育て世帯のタワーマンション探訪記

家を買うにはどうすれば良い?無料で相談できる「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」に足を運んで感じたメリットまとめ

子育てのために住むための家(マンション)を探し始めて、早1年半ほど経ったでしょうか。

色々なエリアの色々な物件をある程度は見ましたが、考えてみれば今まで誰かにじっくり相談した事がないなぁとふと思いました。

みなさんも上手く家を探すコツがあるなら、詳しい人に一度くらいは話を聞いてみたいですよね。

そんな時に利用できる場所として、マンション購入に関する悩みを無料で聞いてもらえる相談窓口があるのを知ってますか?

具体的には「スーモカウンター」や、私が今回話を聞きにいった「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」などがあります。

私もちょうど住宅ローンの話を一度どこかで(不動産会社の営業さん以外から)聞きたいなと思っていたので、一度行ってみる事にしました。

スーモでも良かったんですが、今回はマンション評論家で有名なマンションマニアさんや、WoMansion さんが関わっていて、なんとなく親近感を感じるのでLIFULL HOME'S 住まいの窓口の方に行く事にしました。

f:id:yusan09:20180507213206j:plain

実際に行ってみた感想を先に言っちゃうと、役には立ったけど、もっと家探しを始めた後すぐ来ておけば良かった...という感じです。

良くも悪くも初心者向けかなと。

ということで実際に行ってみてどんな話が聞けたのか?、どういった人になら、よりオススメ出来そうだか?実際に行ってみて感じたメリットに関してまとめてみようと思います。

LIFULL HOME'S 住まいの窓口のサイトはこちら

家探しを何から始めれば良いかわからない人はとにかく行ってみよう

実際に足を運んでみて、家を探し始めたばかりで、右も左もわからない人には特にオススメできるなと感じました。

例えば家を探し始めたばかりなら、次のような内容に疑問を抱いているじゃないでしょうか?

  • そもそもどんな物件があるのか?
  • どのエリアが自分に適しているのか?
  • 今の収入でどの位の物件が買えるのか?
  • 実際に購入するまでの流れとスケジュールは?
  • 頭金はどのくらいいるのか?
  • 新築と中古どっちが良いのか?
  • マンションと一戸建てどっちが良いのか?
  • 各エリアの相場はどのくらいなのか?

まあ、他にも色々あるとは思いますが、この様な家探しで良くある疑問にまずは答えてくれるのが相談窓口という場所です。

実際に住まいの窓口ではわりとアバウトな質問をしても、上手くヒアリングして意図を引き出しながら答えてくれました。

そもそも窓口というだけあってm情報を広く浅く提供した上で、適切な仲介会社を紹介するというのがコンセプトの様です。

なので、「まだ全然何もわからない人。ウェルカムです。一緒に理想の住まい探しを始めましょう!」といった雰囲気。

会話をしていく中で、自分の理想の住まい、現実的に購入できるラインなどのイメージを一緒に作り上げていく感じです。

ということで、まだ実際に家を買うイメージを持ちきれていない人には非常にマッチすると思いますし、安心して利用できると思います。

相談窓口のイメージを一言で例えると、住まい探しのコンシェルジュといった所でしょうか?

実際に話を聞いてみて感じたメリット

これはハッキリと担当してくれた方が言ってましたが、住まいの窓口では仲介会社にお客さんを紹介することで収益を得ているそうです。

つまり言い換えれば物件を売ることで利益は得ていないので、中立的な立場でアドバイスすることが可能という事です。

この様な事情も含め、以下のようなメリットがあると感じました。

  • 講座が用意されているので、購入する上で必要な基礎基本知識をまとめて聞ける(みたいですが、私の場合はスキップしました)
  • 担当の方が各エリアの特徴を把握しているので、エリア探しから始める人には非常に参考になる
  • 物件紹介という点においてはフラットな視点で、好みにあった良い場所を紹介してくれる
  • 仲介会社の営業さんとの間に入ってくれるので、ゴリ押し営業や合わない営業さんだと思ったら、別の会社を紹介してくれる
  • それぞれ仲介会社の特徴を良く知っていて、自分に合いそうなところを紹介してくれる
    • エリアが決まっているなら、その地域に関して非常に詳しい仲介会社とか
    • 買い替えを予定しているなら、売却も得意で資産価値やリセールに関して詳しい仲介会社とか
  • 何度でも無料で相談できるので、納得いくまで付き合ってもらえる

不動産の営業さんってゴリゴリな人が多そうなイメージの方も多いんじゃないでしょうか?

ハッキリ断れない人なんかは、この辺りが家探しのネックになったりすると思うので、間に入ってくれるっていうのは安心感が持てると思います。

その分、直接やりとりするのに比べればスピード感が落ちる事は想像できるので、「今すぐにでも急いで買いたい!」という人には少し向いていないところはあるかもしれません。

相談の流れと実際に相談した内容のまとめ

では、具体的に相談の流れとどういった事を聞いてきたのか、店舗の雰囲気も合わせて紹介してみたいと思います。

今回相談に行ったのは新宿店でした。

f:id:yusan09:20180507215207j:plain

f:id:yusan09:20180507215217j:plain

場所は新宿三丁目の駅からC6番出口を出てすぐ、目の前にあるビルの8階です。

f:id:yusan09:20180507215405j:plain

エレベーターが開くとウェルカムボードが。この日は自分を含めて4人が来てたみたいです。

f:id:yusan09:20180507215529j:plain

f:id:yusan09:20180507215953j:plain

そこまでの広さはなくて、机が2個だったかな?同時に二人相談できる感じでしょうか。

一応こどもが遊べるスペースはありましたが、見ての通り出来ることなら連れてこない方が良いでしょうね。

席に付くと、まずはアンケートと誓約書を書いてくださいと言われ、その後相談スタートとなりました。

流れはこんな感じです。私の場合はもう結構探し始めてから長いのでかなりスキップした感じはあります。

  • 現在の家探しの状況や聞きたい話のヒアリング
  • 資料を使って良くある疑問や家を買うまでの流れを一通り説明してもらう
  • 希望条件の整理
  • 条件に合いそうな物件を一緒に検索
  • 相性の良さそうな仲介会社さんの紹介、内見のアポ取り

最初はヒアリング

まずは、家探しの現状と聞きたい内容を聞かれました。

私の場合は自分の予算感と、ある程度物件は見てまわっている事を伝えた上で

  • 予算感に無理がないかどうかの確認
  • 住宅ローンに関して詳しく聞きたい
  • 自分が今まで見てないエリアで子育てに向いてそうなエリアはあるか

といった内容の質問をお願いしました。

家探しの基本の説明

本来ならここでまずは資料を使って良くある疑問の解説をしてもらえるようです。

さきほど挙げたような内容ですね。

私の場合はある程度質問の内容も固まっていたので、以下の内容のみ資料を見ながら重点的に話してもらいました。

  • 資金計画に関して
  • 各住宅ローンの特徴と違い
  • 住宅ローン減税について

予算感に関しては、おおむね想像通りで答え合わせが出来た感じでした。

で、住宅ローンは自分の知識のなさをわりと感じたんですが、10年くらいで住み替えするなら今は変動の方が良いですよと、アドバイスをもらいました。

ちゃんと認識してなかったんですが変動って5年で見直しで、見直し時に金利があがるとしても上限が設定されているんですね。もっと短いスパンで見直しかかると思ってました。(まあちゃんと勉強しとけよってレベルだと思いますが)

子どもが大学行きだした辺りでの住み替えは想定しているので(大学行きだしたらもう一人暮らしさせたい)、10年固定が良いのかなと思ってたんですが、一概にそうとも言えなさそうです。

後は、フラット35の借入上限が8,000万円って話も知りませんでした。

うすうす気づいてましたが、この辺りは一度知識を詰め込まないとダメですね。

後は資料を見る限り以下のような説明をしてくれるみたいです。

  • 情報収集の方法
  • 一戸建てとマンション買うならどっちが良い?それぞれのメリットとデメリット
  • 新築と中古どっちが良い?それぞれのメリットとデメリット
  • 住宅ローン減税について
  • 住宅を買うまでの一般的な流れ
  • 首都圏での平均購入価格
  • 資金計画(年収と借入金額)

希望条件の整理

次に希望条件の整理を一緒にします。

家探しでは良く言われていますが、「すべてが100点の家はまずない、自分にとって何の優先度が高くて、何なら我慢できるのかをしっかり把握して探すのが重要」という事です。

金額が重要なのか?通勤のしやすさなのか?子育てしやすい環境なのか?とにかく便利な場所なのか?資産性の高さなのか?

判断軸はたくさんありますね。

私の場合はここもかなり固まってはいるので、色々聞きながらというよりは一方的に伝えた感じですね。

一例として紹介しておくと、私の場合は大体以下のような感じで考えています。

  • 子育てしやすい環境(治安が良い、大きめの商業施設が近い、公園がある、病院が近い、歩道が広い etc)
  • 大規模マンション(資産性や共用施設の魅力)
  • 同じ金額なら眺望よりも広さを優先
  • ガスコンロ(妻の希望)
  • 新築、中古はそこまでこだわらない
  • このエリアじゃないと嫌!みたいなのもあまりない
  • 駅距離もあまりこだわってないので、ちょっとくらい離れていても(とはいえ15分とか)良い

やっぱり探し初めの頃はここまで整理できてなかったですね。

この辺はもっと早めに相談に来ておけば、良かったなと思ったところです。

ちゃんと条件が整理できてれば、今まで見た物件ももうちょっと違った視点でチェックできてたかもしれません。

条件に合いそうな物件を一緒に検索

一番有意義に感じたのはこの時間ですね。

子育てに向いてそうなエリアという視点で一緒に探してもらったんですが、各エリアについて色々情報が聞けました。

  • 各エリアの治安の良さ
  • 各路線の通勤時の混み具合
  • 各エリアの保活の厳しさ
  • 区ごとの子育てに関する優遇制度
  • 子育て世帯が増えているエリア

教育でいうと文京区はかなり熱心な方が多いそうですね。

また、特に中央線沿いや、西武池袋線沿いの話を重点的に聞いたのですが、あの辺だと武蔵野市の教育水準が高いと言われているそうです。

その他にも、北区と千代田区は高校生まで医療費の補助が出るだとか、江戸川区は近年、教育サポートが手厚くなっているといった話も聞けました。

それから想像はしていましたが、江東区は子育て世帯の増加が著しいみたいですね。

最近は東西線沿線、東陽町とか南砂あたりの話を聞きに来る人が多いそうです。

後、治安が悪いエリアの話も色々と聞いたんですが、まあこの辺りは名前を出すのも良くないと思うので、特に紹介はしないでおきます。

こんな感じで話を進めつつ、城西エリアでいくつかめぼしい物件を教えてもらいました。

仲介会社さんの紹介

最後に気になる物件が見つかったので、そのエリアで紹介できる仲介会社さんを紹介してもらって終了です。

何社か紹介してもらったんですが、ファイナンシャルプランナーの方が在籍しているという会社さんに決めました。

私が住宅ローンの話を聞きに来てたので、候補として紹介してくれたんだと思います。

今回相談にのってくれた担当者の方が「ファイナンシャルプランナーの方にも話が聞けるようにお願いしてみますね!」と言ってくれてました。

また、担当者の方とこんな受け答えもしました。

担当者さん 「ちなみに今まで良くないなと思った営業さんとかいました?」

「内見中にずっとスマホいじってる人いましたね。後、この辺りに御社の新しい物件建つ予定ありますよね?って聞いても知らなかったり」

担当者さん「さすがにそれはないですねー(笑)そんな人は紹介しないので、安心してください」

「ですよねー」

って感じです。紹介してくれた会社さんからは、ちゃんとした人が出てきてくれる事を期待したいですね。

感想

冒頭にも書きましたが、もっと家探し初期の段階で足を運んでおけば良かったですね。

私は関西出身で東京にでて8年ほど経ったところです。とはいえ首都圏周辺の土地勘には乏しいところがあるので、各エリアの話が聞けたのは特に参考になりました。

もう慣れちゃいましたが、最初はわからない事だらけだったので、物件を見に行って営業さんと話すのも少し心配に思ってたと思います。

その点、事前に家探しの基本的な話が聞けますし、自分に合いそうな会社も紹介してもらえます。

なにより無料です。

本気で家探しするなら、さっさと利用しないと損じゃないかな?と感じました。

是非行ってみる事をオススメします。

LIFULL HOME'S 住まいの窓口のサイトはこちら