東京摩天楼

子育て世帯の大規模マンション探訪記

どうやって学べば良い?不動産投資の色々な勉強法と仲間の見つけ方

不動産投資の勉強法は?と聞かれると、パッと思いつくのは本を読むことでしょうか。

私もそこまで多くはないですが、大体15冊くらいは読んだと思います。

そのくらい読むと、なんとなく知識は付いてくるものの、じゃあ「これでバッチリ不動産投資を始められる!」なんて風にはやっぱり思えません。

もちろん実際に不動産を買ってみるのが一番の勉強なんでしょうけど、実際にやるとなると損はしたくないですし、もうちょっと良い勉強方法はないものか?と思うわけですよね。

おそらく一番良い勉強法は既に不動産投資をやっている人と仲良くなる事だと思うんですが、そういう場を見つける方法はみなさんもパッとは思いつかないんじゃないでしょうか?

私の場合、運良く同僚が不動産投資をしていたので色々聞けたりもしてますが、実は別の場所でも上手いこと知人を作る事ができてます。

ということで、今回は不動産投資の勉強方法や、仲間の見つけ方についてまとめてみたいと思います。

個人で不動産投資をしている方が主催する勉強会に参加する

まず。おすすめなのがこれです。結構すぐに不動産投資をしている人と知り合えます。

冒頭でも書きましたが、経験者からアドバイスをもらう以上の手はないはずです。

勉強会と聞くと企業がやっている投資セミナーを思い浮かべるかもしれませんが、個人主催のコミュニティーも存在しています。

実際にインターネットで調べると、個人が有志で行なっている不動産投資勉強会が少なからず見つかります。

この手の勉強会は主催者がすでに不動産投資をしている個人で、参加している人も似たような方が多いので(積極的にコミュニケーションが取れる方であれば)色々教えてもらえるようになるまで、そんなに時間は必要ないと思います。

逆に言えば、奥手な人は何も出来ずに終わっちゃうかもしれませんが。

私が参加したことがある中で言うと、「ふどうさんぽ」ですね。おすすめです。

fudousanpo.com

主に古屋再生をやっている方々の集まりで、リフォーム前後の物件を実際に見に行くといった趣旨のイベントが多いです。

後は実際にDIYでリフォームを手伝ってみるといったイベントなんかもやってたりします。

まだ数回しか行ったことはないですが、参加者は今から始めたいという方も多いので、初心者でも参加はしやすい雰囲気があります。

後は同僚に聞いている限りだと、クローズドで参加が有料の会もあるみたいです。

こちらはどっちかというと経験者向けで、お互いに物件の紹介をしあったりと、話を聞いている限りより実践的な感じですね。

この手の勉強会の主催者の方は、本を出版しているような方々がほとんどなようですね。

不動産投資スクールに通う

体系的にしっかり学んだり、奥手で仲間を作る自信がない人には不動産投資スクールがおすすめです。

先に紹介したような、勉強会にさっと参加して、さっと知り合いを作るみたいな事が出来なさそうな方は、スクールに通うという手があります。

私自身は通ったことはありませんが、体験セミナーに参加した際に次の様な話を聞きました。

「スクールに通うと仲間が出来ます。情報交換したり、励まし合う事が出来る仲間が。そんな仲間のうちの一人からある日、遂に1軒目を買ったと!報告があがります。一緒に学んだ仲間が実際に買う所を目の当たりにすると、非常に勇気づけられます。そうすると自然と最初の一歩を踏み出す事に抵抗がなくなっていきます。」

確かにそうかもなと感じました。

スクールであればある程度同じメンバーで時間も共有しますし、奥手な人でも知り合いが出来るでしょう。

また、当然ながら体系的で実践的な知識が学べるのも大きな点だと言えます。

体験セミナー自体は無料で受けられる場合がほとんどなので、興味が湧いた人はとりあえず参加してみるべきでしょう。

実際にファイナンシャルアカデミーの不動産投資スクール無料体験セミナーに行った感想を残してあるので、是非読んでみてください。

www.sky-scraper.tokyo

無料セミナーに参加する

不動産投資がどんなものなのか?まずは知ってみたい人や、最近の不動産の動向を知りたい人にはセミナーがおすすめです。

こちらも無料のものもあれば、有料のものもあります。

無料のセミナーはあくまで自社の宣伝目的の場合が多いので、実践的な勉強という意味では物足りなさもあるとは思いますが、もう買おうと腹を決めている方なら、個別相談にも乗ってくれるのでおすすめです。

私も無料のものはいくつか参加してみましたが、まずはセミナーに行って不動産投資がどんなものなのか聞いて見たことで、なんとなくイメージが湧きました。

ということで最初に本を買うくらいなら、まずは無料セミナーでざっくりイメージを湧かせると良いと思います。

参加したものを中心に、おすすめの無料セミナーは下記で紹介しています。

www.sky-scraper.tokyo

不動産投資の本を読む

挙げるまでもなく、誰にでも手軽に始められるのが本を読むことです。

もちろん本を読むだけじゃダメでしょうけど、それでもやはり知識はあればあるほど良いはずです。

まあ、そんな当たり前の話をしても仕方ないので、ここではどんな種類の本があるのか?と、良し悪しはともかく、読んだ中から代表的な本を紹介しておこうと思います。

不動産投資系の本は大体3種類くらいに別れると思います。

  • 不動産投資に関する知識の解説をしてるもの
  • 特定の投資方法をおすすめし、何が良いかを解説しているもの
  • 体験談(成功したケース、失敗したケース)

1つ目の「不動産投資に関する知識の解説をしてるもの」は、わかりやすいですね。

基本的な用語や、利回り、融資、不動産を買う時にかかる費用や、税金...などなど。

投資を始める前に最低限知っておくべき事を述べた本です。

この手の本はファイナンシャルプランナーの人や、不動産投資スクールの講師の方が書かれているケースが多いと思います。

まあ、割りと無難な内容が多く面白みという意味では欠ける場合が多いので、何度もしっかり読み込んだ良い類の本ですね。

代表的な所でいうと下記の様な本ですね。

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

2つ目の「特定の投資方法をおすすめし、何が良いかを解説しているもの」は、書いた通りそのまんまです。

例えば、不動産投資をするならアパート1棟買いなさいとか、都心1Rを買いなさいとか。

逆に、他の投資方法だとなぜダメなのか?などが書かれています。

大体が筆者が成功した手法に関して書かれたもので、自分自身に合うとは限りません。

客観的というよりは、存分に主観が入ってる事が多い気はします。

それぞれの投資方法のメリットを知るという意味では有意義だと思いますが、あんまり何冊も同じような本を見ても仕方ないかなという類だと思います。

代表的な所でいうと下記の様な本です。

[新版]まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意

[新版]まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意

3つ目の体験談は一番読んでて面白い類の本ですね。

私が一番数を読んでるのも、この手の本です。

正直、成功体験をただただ自慢して終わる、一言で言えばクソみたいなハズレ本もあります。

しかし、実際に物件を紹介しながら、自分の考えを添えて、なぜこの物件を買おうと思ったのか?が書かれているような本は、非常に参考になるし、読み物として、すらすらと読めるものが多いです。

どのような視点で物件を探せば良いのか? どの様に出口戦略を考えていたのか? 実際に買って失敗した点、成功した点などなど、たくさんの学びが散りばめられています。

代表的な所でいうと下記の様な本です

高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

この2つは非常におもしろかったです。

不動産投資ポータルサイトのコラムを読む

あまり実践的な感じではありませんが、幅広いテーマで読み物としても楽しめるのが不動産投資ポータルサイトのコラムですね。

とはいえ体験談や、特に時事ネタには強かったりといった側面もあるので、人によっては大きな学びもあるかもしれません。

有名な所でいうと楽待新聞や健美家の不動産投資コラムなどがあります。

www.rakumachi.jp

健美家 不動産投資コラム

まとめ

この他にももちろん色々な勉強方法があると思います。

もちろん、買う以上の勉強法はないと思いますが、慌てて始めて損をするくらいなら、納得行くまで勉強して悩んでから始めたとしても、何の損もないはずです。

とはいえ、行動をしなければ何も始まらないのも事実。

始めるのが簡単なもの大変なもの色々あと思いますが、今回紹介した方法のどれからでも良いので、みなさんが不動産投資を学ぶきっかけとなれば良いなと思います。