運河に囲まれた広々とした敷地が魅力。キャナルワーフタワーズの中古内見に行ってきました。

キャナルワーフタワーズ外観
運河を臨むキャナルワーフタワーズ
キャナルワーフタワーズの特徴
  • 豊洲に建つツインタワーマンション
  • 土地を贅沢に使った広々とした敷地
  • 晴海、月島エリアが一望できる、豊洲運河に囲まれたロケーション
  • 数ある豊洲のタワーマンションの中では、かなり古いマンション
  • 豊洲エリアの中古タワーマンションの中では比較的安い

今回は見に行った中古物件は、2棟あるうちのキャナルワーフタワーズ EASTの部屋で2LDKの部屋です。

広々とした敷地と、豊洲運河の眺望が印象的なタワーマンションでした。

キャナルワーフタワーズの概要

マンションの概要
  • 住所:東京都江東区豊洲1-3-1
  • 小学校:豊洲北小学校
  • 中学校:深川第五中学校
  • 最寄り駅:JR京葉線 越中島駅、 東京メトロ有楽町線 豊洲駅
  • 階数:地上36階 地下1階(両棟とも)
  • 築年数:2000年
  • 総戸数:499戸。EAST 249戸、WEST 250戸
  • 耐震性:制震構造

今となっては30階を越えているのは珍しくないですが、2000年当時であればかなりの高さを誇っていたのではないでしょうか?

総戸数は約500戸とはいえ、1棟辺りで考えるとそこまで多い感じではないです。

実際1フロアには8戸ほどしか入っていませんでした。

ロケーションとアクセス

キャナルワーフタワーズ

キャナルワーフタワーズは豊洲エリアの端の方、橋を渡ると越中島という位置にあります。

越中島駅、豊洲駅ともに徒歩で10分以上はかかる場所なので、交通利便性という点ではかなり不便な位置だと思います。

商業施設だと、ららぽーと豊洲だけでなく深川ギャザリアも徒歩で15分くらいと営業さんが言っていたので、生活圏に入る距離ですね。

自転車があればそこまで日常生活は苦にならないロケーションだと思います。

北側、東側で豊洲運河に面しているのも大きな特徴です。

外観

キャナルワーフタワーズEAST

キャナルワーフタワーズEASTタワーを敷地内から撮影した1枚です。下層部は角ばった感じ、中層部は少し丸みがある感じ、上層部は白っぽい色合いになっていて、一様じゃないのが特徴的です。

最上部中央が飛び出しているのも目立ちますね。

キャナルワーフタワーズ2棟を並べて撮った写真です。デザイン的にはほぼ同じ外観に見えます。

キャナルワーフタワーズEAST エントランス

内見したEASTタワーのエントランスです。

派手さはないですが、凝った造りはしています。

WESTタワー側は見ませんでしたが、おそらくエントランスも同じ様なデザインでしょう。

内見した部屋の間取り、様子、眺望

内見した部屋の概要
  • 間取り:2LDK
  • 広さ:77.18㎡
  • 向き:東
  • 階数:7階
  • 価格:5,380万円(坪単価247.4万円)

今回見た部屋は400万円〜500万円ほどかけてリノベーション済みと言っていたので、元値だと5,000万円を割っている感じでしょう。

単純な坪単価でいうと豊洲エリアの中古タワーマンションの割には安い印象ですが、築年数と駅距離を考えるとこんなものでしょうか。

相対的に比較しやすい物件がないので、難しい所です。

間取り

キャナルワーフタワー 2LDK間取り

間取りはワイドスパン。全部屋がバルコニーにつながっている上に、広さも十分。クローゼットも大きいです。

キッチンが4畳あるのも珍しいですね。2LDKで70㎡をこえてくると、かなり余裕があります。

とはいえ洗面所の横にあったりと、柱の位置が少し気にはなります。

部屋の様子

リビング

リビングです。リノベーションされているだけあって、かなり綺麗でした。

オープンキッチンになっていますが、元々は壁があったようです。

ディスポーザー付きキッチンシンク

キッチンシンクにはディスポーザーが付いていました。プラスポイントですね。

小さい方の洋室

5.8畳の洋室。この部屋はバルコニーには出れないですね。

広さ的には子供部屋にちょうど良さそうです。

大きい方の洋室

7.1畳の洋室。こっちは寝室にするイメージですね。

かなりの下がり天井になっていて、広さの割には圧迫感がありました。

バルコニー

バルコニーはそこそこの広さでしたが、室外機がかなり場所を取ってますね。

眺望

眺望

バルコニーからの眺望です。

豊洲運河に架かる豊洲橋が目の前に見えます。

橋を渡ると越中島です。

開けてはいますが、さほど綺麗といった感じではないですね。

東向きなので、朝方はかなり明るいんじゃないでしょうか。

眺望足元

足元の方を見ると敷地の一部が見えます。

右下にちょっとだけ見えている部分が、ちょうどエントランスの屋根の辺りです。

マンション内部の様子

エントランスロビー

エントランス入ってすぐのロビー部分、左手に受付があります。

築年の割に綺麗でした。一回目の大規模修繕済みだからでしょうか。

2階層分の吹き抜けになっているので、天井高があります。

エントランスロビー

エレベーター前にあるエントランスロビー部分です。

これはWESTの方の写真ですが、EASTも似た感じでした。

ここで、たまにイベントをやったりもするそうです。

内廊下

廊下は内廊下でした。幅は普通くらいでしょうか。ここも築年の割には綺麗でした。

この他にも気になった点を書き出しておきます。

気になった点
  • 築年の割には全体的に綺麗
  • デザインはやはり少し古さを感じる
  • エレベーターがかなり狭かった
  • 1フロア辺りの戸数が少ない
  • 下がり天井の影響か、内廊下などで少し窮屈感を感じる場所があった
  • 子育て世帯はあまり住んでなさそう
  • ゴミ捨て場が各階ではなく、1階にしかない

1フロアの戸数が少ないのも理由だと思いますが、ゴミ捨て場が各階にないのは、少し古さを感じる点でした。

共用施設

EASTタワーにある共用施設一覧
  • 29階 スカイラウンジ
  • 2階 集会場・和室
WESTタワーにある共用施設一覧
  • 30階 ビューラウンジ
  • 2階 ゲストルーム × 2部屋
  • 2階 キッズルーム
  • 2階 フィットネスルーム
  • 2階 AVルーム

数はそこそこ。総戸数の割には種類は豊富だと思います。

主にWESTタワーの2階に集まっていますが、どちらに住んでいても、全ての共用施設が使えます。

全ては見れませんでした(スカイラウンジも残念ながら見れませんでした)が、見れたものだけ順番に紹介しておきます。

キッズルーム

キッズルーム

結構広かったですが人は全然いませんでした。築年も20年ほどですし、子育て世代があまり住んでいないのかもしれません。

ゲストルーム

ゲストルーム

中は見れませんでしたが、ゲストルームは2部屋ありました。

2階なので特に眺望が良いなどの特別感はなさそうです。

フィットネスルーム

フィットネスルーム

フィットネスルームも割と広さがありました。共用施設も専有部も割と広さに余裕をもった造りになっている感じがします。

マッサージチェア

ルームランナーやエアロバイクがあるタワーマンションは良く見かけますが、マッサージチェアを置いてあるのは珍しかったです。

敷地内の雰囲気

キャナルワーフタワーズ敷地内マップ

キャナルワーフタワーズ敷地内のマップです。

左側のWESTタワーが運河側、右側のEASTタワーが道路側に面してます。

各場所に名前がそれぞれ付いています。

敷地内の名称
  • 右上 イーストプチガーデン
  • 右下 クレッセントプラザ
  • 左下 ウエストビューポイント
  • 左上 ウエストプレイパーク
  • 中央上 キャナルモール

また名前は付いていませんが2棟をつなぐ様にモールと、中央部分に噴水のある広場がありました。

イーストプチガーデン

イーストプチガーデン

ウッドデッキと植え込みで出来た壁に、ベンチが置かれているエリアでした。

特にたくさん花が植えられているとかではなかったです。

ウェストビューポイント

ウェストビューポイント

ウェストビューポイントはベンチやチェアがいくつか置かれた、植栽のあるエリアでした。

ウェストビューポイントからの眺望

ベンチからは豊洲運河越しに晴海や月島、佃の眺望が一望できます。

WESTタワー高層の北側の部屋からなら、もっと遠く都心の方まで見渡せそうです。

ウエストパーク

ウエストパーク

ブランコ、滑り台、砂場があるちょっとした公園です。

すべり台の部分が紐で防がれていたりと、あまり使われていなさそうでした。

キャナルモール

東側の運河沿いに続く道です。

豊洲運河

モールからは豊洲運河の眺望が楽しめます。

キャナルモール中央

中央辺りに2棟をつなぐモールに上がるための大きな階段がありました。

キャナルワーフタワーズ噴水広場
公園の様な広場

2階に上がると噴水のある広場に。そこらの公園よりよっぽど公園っぽいですね。

歯医者

キャナルワーフタワーデンタルクリニック

EASTタワー2階に歯医者(キャナルワーフタワーデンタルクリニック)が入っています。

認証保育園

認証保育園

メリー・ポピンズという名前の認証保育園が入っていました。

こちらはEAST棟の1階にあります。

感想

マイナス点としては豊洲エリアのタワーマンションの中では築古、駅から遠い。

しかし、その分、豊洲の中古タワーマンションとしては安めの値段で広い部屋が買えそうなので、中途半端に特徴のないマンションよりはニーズはありそうだなーと感じました。

運河に囲まれた眺望もかなり魅力的だと思います。

とはいえ、今後は新豊洲の方も盛り上がりそうですし、豊洲というロケーションにはあっても、資産価値的には厳しそうだなという気はします。

個人的には同じ値段を出すならロケーションだけでいうと、東雲の北側辺りのマンションの方が良いです。

一方で、キャナルワーフタワーズは豊洲北小学校の校区内なので、公立に通わせるならこっちの方が良いなと思いました。

見に行ったことはないのですが、高層階に住みたいわけではないなら、似たような条件だと東京フロントコートを選ぶ人の方が多いんじゃないでしょうか。

まあ、何を取るか。ですね。


東雲のタワーマンションに興味がある方はこちらもご覧ください。

東雲の全タワーマンション一覧を見やすいマップと写真で紹介